大阪府豊中ヨーヨー練習会
GENGHIS KHAN DROPS主催の大阪府豊中ヨーヨー練習会ブログ
アクセスカウンター



プロフィール

ggkdrops

Author:ggkdrops
管理人:muu
GGK DROPS広報&WEB担当

主催:GENGHIS KHAN DROPS

2011年3月より、大阪にて発足したヨーヨープレイヤーズチーム。
目的は主に大会の入賞。主催練習会を通した関西スピナー交流場の提供及びヨーヨーシーンの拡大援助。
また、チーム全員で立派なコンテストチームになることを目指している。
ちなみに北海道や生ラムジンギスカンとはなんのゆかりもない。

以下メンバー紹介 (愛称)

ヨコガワ ミサキ(misaki、先生)
STYLE:4A.1A
GENGHIS KHAN DROPS 代表
関西ヨーヨー界の発展と、その楽しさを広めようとチーム発足に至る。
トリックの技術は平凡の域を出るものではないが、初心者へのティーチングやトリックのアドバイスには定評があり「教えるのが上手」とおだてられては調子に乗っている。相談窓口となっていますので、ヨーヨーやトリックの相談、わからないこと、練習会へのご意見等あればぜひお聞かせください。
2014年より1Aから4Aに転向。2014年より弓道からアーチェリーに転向。
アイドルマスター。


ムラカミ タカヤス(muu)
STYLE:1A
GENGHIS KHAN DROPS広報andWEB担当
チョップスティック系トリックの習得及び発展に情熱を捧げる、実力及び人気上昇中の注目1Aプレイヤー。
こだわりと筋の通ったトリック、フリースタイルで高い評価を受け『日本のチョップスティック代表』として名を馳せる日も近い。
愛する妻と二児の娘を抱え、束縛と戦う社畜アラサースピナー。
受賞歴:第2回YYRFC1A部門5位

カト シュウサク(シュウサク)
STYLE:1A
GENGHIS KHAN DROPS フォトグラファー
関西から頭角を現す、いわゆる『CLYW系』高校生。
独特なヨーヨーの動き、ストリングの長さを十分に生かしたスラック、随所に高度なテクニックを散りばめ、トッププレイヤーからも高い評価を受けている。
2014年春以降、カナダに留学予定。絶対モテたいためだと思われる。

イシハマ タカヒロ(浜P)
STYLE:2A
1998年の旧ハイパーヨーヨー世代、昔から現在のヨーヨー界を知る、古参2Aプレイヤー。習得の難しい部門で戦い続ける男。
ルーピングの技術とスピードは、やはり古株ということもあり圧巻。関西は2Aプレイヤーが比較的多いが、若手のよい見本となっている。
口を開けば女、寿司、合コン。

シミズ ジュンペイ(じゅんぺー)
STYLE:5A
落ち着いた雰囲気と流れのトリックを持ち味とする5Aプレイヤー。
大技と派手さが目立ち、個性的なプレイヤーも多い5Aという部門で、着実に個性を伸ばす。彼のようなプレイスタイルは5Aでは貴重。しかしまだまだ変化の可能性を秘めている。
勉学の意識高く、浪人1年生。コミュ障だがきっと人見知りなだけ。
受賞歴:2012AIO5A部門5位、2013JN5A部門9位

アサイ シンゴ(しんご、アサシン)
STYLE:1A
豊富なプレイスタイルを取り入れる大学生1Aプレイヤー。
スピーディーなコンボがウリだが、バリエーションも豊か。精度も磨きながら、自身の新たな武器を模索中。取り組みはとてもまじめで礼儀正しく、練習会では代表のよき右腕として新規プレイヤーと交流。
人をほめたり、よいしょするのが上手。でもたぶんそんなこと思ってもいない。

以上のメンバーでお送りいたします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



先日の豊中練習会で発生した事故について
こんにちは。GENGHIS KHAN DROPS代表の岬です。

11月17日、ヨーヨーフェア翌日の練習会にて、当練習会初めての『対人のヨーヨー衝突事故』が発生してしまいました。

【ケース】
練習中の中学生の脇を、小学生が後ろから走り抜けようとした際に、ブレイクアウェイから流れたヨーヨーが顔面に直撃。当たったところが唇であり、奇跡的に小さく切れた程度の怪我であった。

 常々会場のキャパシティについては心配しており、その中でも、皆様の協力のおかげでこれまで事故なく運営できていたわけですが、今回、しかもフェア翌日ということを考慮し部屋を2つ確保、混雑を避ける努力をした中でこのような事故が起こってしまったことが、非常に残念でなりません。

 当練習会もそろそろ3年になり、参加人数、新規参加者も着々と増えていることや、参加者や保護者様より応援の言葉をいただけることに大変喜びを感じています。

 最近は小中学生、いわゆる次世代の担い手の参加者が増え、賑やかな声が会場に花を咲かせる、といった場面がいっそう多くなりました。子どもを相手とする仕事をしている主催の身としましてもそれは非常に光栄なことで、今後もそんな雰囲気を保ちつつ、ヨーヨーをきっかけに交流を広げ、深めることができればなぁ、と思っている訳なのですが。

 ヨーヨーを大人数で練習する上で、根底にある約束事を守れていない場面も最近目立つな、というのが主催の本心でございます。
 実際ここ数回の練習会で、主催より参加者を叱責するということがありました。会場内を走ったり、追いかけ合いや遊びの延長のたたき合いなど……

 なにより、ヨーヨーが好きで、楽しくて集まっている中で、怪我をさせたり、させられたり、というのはとても悲しいことではありませんか。

 今みんなの使っているヨーヨーって、金属の塊なんですよ。

参加していただいている皆様、特に小中学生には、今一度この内容について考えていただきたいです。
 
主催である私が、何を目的に練習会を開催しているのか。

今後、再三の注意にも関わらず危険な行為が行われている場合、主催より『いっかいおやすみ券』や『いままでありがとう券』の発行をすることになってしまいます。どんな効力があるかはそれぞれご想像にお任せいたします。お楽しみに。

長くなりましたが、今回の事故につきまして、主催の監督不行き届きがあり、被害者及び加害者を出してしまったことを深くお詫び申し上げます。

これより一層、安全で楽しい雰囲気の練習会を目指し努力していく次第です。
そして当練習会の運営には、参加者の皆様のご協力も必要不可欠です。今後ともぜひお力添えをしていただければ幸いです。

これからも、我が豊中ヨーヨー練習会をよろしくお願いいたします。

豊中ヨーヨー練習会主催GENGHIS KHAN DROPS代表 横川岬
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ggkdrops.blog65.fc2.com/tb.php/56-b5c8cc6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)